記事一覧

「リモワ」が現代アーティストのダニエル・アーシャムとコラボ 世界限定500個のスーツケースを発売

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpg

1898年にドイツ・ケルンで創業し、2017年からLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下となった「リモワ(RIMOWA)」は、ニューヨークを拠点に活動する現代アーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)とコラボレーションしたスーツケース“リモワ × ダニエル・アーシャム イローデッド スーツケース(RIMOWA X DANIEL ARSHAM ERODED SUITCASE)”を5月18日に発売する。世界限定500個で、価格は22万2000円。「リモワ」銀座7丁目店と表参道店、心斎橋店および公式サイトでのみ取り扱う。

 “リモワ × ダニエル・アーシャム イローデッド スーツケース”は、「リモワ」の代表的なスーツケース“クラシック アタッシュ(CLASSIC ATTACHE)”の中に、ダニエル・アーシャムの作品シリーズ「Future Relic」と同様の手法で製作された「リモワ」のスーツケースを模した彫刻作品が収納されているほか、美術品を取り扱うときに使用する作業用手袋と、ステッカーが付属される。

 「Future Relic」は本来あるはずのない化石を、石灰や火山灰、ガラス、黒曜石などを素材に鋳造する彫刻作品シリーズだ。作品は、鋳造過程で水と油を混合させることで完成時に一部が不規則に崩れ、同じ鋳型を使用ながらも一つ一つ異なる表情を見せるのが特徴。このため、今回のスーツケースを模した彫刻作品も、500個全てが異なる作品に仕上がっている。またアーシャムいわく、現存し使用できるスーツケースの中に、“3019年に発掘されるであるスーツケース”を模した彫刻作品を収納することで、過去と未来の融合を表現したという。

 「リモワ」はここ最近、「シュプリーム(SUPREME)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」「アンブッシュ(AMBUSH)」などのストリートブランドをはじめ、ビジュアル・アーティストのアレックス・イスラエル(Alex Israel)ともコラボするなど、ストリートシーンで注目を集めるブランドやアーティストのコラボが相次いでいる。これは2017年から同社の共同最高経営責任者(CEO)を務めるアレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault、27)の趣味嗜好が大きく関係していると言われている。

 ダニエル・アーシャムは、1980年アメリカ・オハイオ州生まれ。“フィクションとしての考古学(Fictional Archeology)”をコンセプトに、彫刻作品からペインティング、インスタレーション、映像作品までを手掛ける現代アーティスト。生まれながらに色覚異常(色盲)を持つことから、作品の多くが白と黒を基調としているが、近年では色覚補正メガネをはじめとした医療の発達とスタジオチームの手助けもあり、フルカラーの作品も発表。これまでに「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」や「キス(KITH)」「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」など、多くブランドと協業している。

ナイロンが贈るスペシャルプレゼント

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpg

街に輝くイルミネーションを眺め、クリスマスの訪れを指折り数えるナイロン読者のみなさまに、NYLON JAPANと誌面を彩る人気ブランド達からスペシャルギフトをお届け! お気に入りをあなただけに♡

刺繍デザインのロゴマークがトレンドライクなitキャップ。アイキャッチなヴィヴィッドオレンジでスタイリングに差を付けて。¥5,000(シック)

ラグジュアリーな装いを叶えてくれる3アイテムをフルコーデでプレゼント♡ 特別な1日はこんな大人な着こなしで過ごしたい。コート¥15,990、ニット¥7,490、スカート¥5,990※全てフリーサイズ(全てエヴリス)

高級感のあるソフトレザーのショルダーバッグは、デザインも機能性も抜群でどんなシーンにもマッチするヘビーデューティアイテム。¥42,000(ディーゼル ジャパン)

ストリートな気分を高めてくれるバケットハット。真っ白の地にNEWYORKの刺繍が入ったデザインはコーデのアクセントに。¥1,990(ウィゴー)

ハイネックとローゲージニットのレイヤードが今年らしいトムボーイなスタイリング。デイリーに使えるセットアイテムはマストゲット! ハイネックカットソー¥3,000、ローゲージニット¥7,500、クロップドパンツ¥6,000※全てフリーサイズ(アダストリアカスタマーサービス)

肌触りの良い起毛スウェットは、スタイルを選ばないシンプルなメッセージデザイン。大人カジュアルに着こなせるネイビーカラー。スウェット¥17,000※フリーサイズ(ケイスリー オフィス)

ナイロニスタのマストアイテム、ドクターマーチンのレースアップブーツ! 渋みのあるレッドで、足もとをクールに彩ってくれる。¥22,680※UK5(約24cm)(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)

毎シーズン人気を博すミリタリーコート。ヒップまですっぽり隠れる使い勝手の良い丈感と、取り外し可能なライナーが魅力の1枚♡ コート¥23,000※Mサイズ(アールエヌエー)

鮮やかな色合いとみずみずしい艶めきをリップに与えてくれる限定リップグロスを3色セットで!! 高密着でナチュラルな着け心地♡ 上から ラブ バズ、サッチ ア スウィートハート、スナッグル アップ各¥3,000※12月10日から限定発売(M・A・C)

1862年パリで生まれた老舗フレグランスブティック・ロジェ・ガレ。ほんのり甘く誘うフィグの香りのフルラインをお届け。パフュームウォーター、ボディローション、シャワージェル/クリームのセット¥7,200※限定商品(ロジェ・ガレ)

ボリューム、カール、長さ、ケア全てを叶えてくれる圧倒的人気のマスカラから、滑らかなチョコレートのようなトープカラーが登場。¥4,900※限定商品(パルファム ジバンシイ)

まばゆくきらめくリキッドアイカラーとスウィートな唇に仕上げてくれるリップグロスをカラー違いのセットで♡ ジルスチュアート ドリーミィドレス アイズ各¥2,500、ジルスチュアート ドリーミィドレス グロス各¥2,500※共に限定商品(ジルスチュアート ビューティ)

“TOUGH LOVE”がテーマのホリデーコレクションは、クールななかにも華やかさを持つ大人な女性像を演出してくれるカラーリング。コンパクト、ネイルポリッシュ&リップエッセンス、クラッチバッグのセット¥7,400(アディクション ビューティ)

至福のバスタイムを演出してくれるラグジュアリーな香りのコレクション。しっとりとしなやかな美ボディをメイクアップ! バス ソルト、ボディ ソープ、ボディ バターのセット¥5,500※限定商品(ポール & ジョー ボーテ)

クリアな発色のダズリンピンクでロマンティックな唇に変身♡ 内側から発光するような“ムーンライトパール”の輝きで魅了して。¥3,000※限定商品(スリー)

シュウ ウエムラとメゾン キツネのエクスクルーシヴなコラボレーションが話題のクリスマスコレクションからはパレットキットを。パレット、リキッドルージュ、クレンジングオイル、ポーチのセット¥8,500※限定商品(シュウ ウエムラ)

学校、オフィス、そしてプライベートでも! キャメルカラーのベーシックなボストンバッグは、収納力&デザインに優れたパワーアイテム! ¥32,000(フォッシルジャパン)

氷の結晶をデザインした宝箱を開けると、乙女心をくすぐるロマンティックな3つのメイクアイテムがお目見え♡ どちらかお好きなカラーを選んで。チーク、リップ、カラーパウダー、ボックスのセット各¥6,700※限定商品(アナ スイ コスメティックス)

甘いスウィーツのようなカラーパレットは、アイシャドウ、チーク、リップ全てに使えるオールインワン。自分だけの色合わせを楽しんで。¥7,400※1月2日限定発売(ランコム)

真っ白なファーのキャンバスにCOKEの文字が映えるコカ・コーラクラッチバッグ。暗くなりがちな冬のコーディネイトにちょっぴりファンキーな遊びを加えて! ¥15,800(ジョイリッチ ラフォーレ原宿)

人気モデルERIKAからミニマルなブラック&グレーをプレゼント♡ オールシーズン使える万能サングラスをこの機会にゲット!! 各¥16,000(ミラリ ジャパン)

M.Y.O.Bらしいパワフルでキャッチーなグラフィックが施された手帳型iPhoneケースで、デジタルライフをアップグレード♪ ¥4,900(エム.ワイ.オー.ビー エヌワイシー)

ウィンターシーズンの必需品、ムートンブーツの嬉しいギフト。バランス良く履けるショートタイプは、ワックスレザーで高級感もあり。¥18,000※24cm(ワイズサーフ)

上品なパールをイヤークリップに落とし込んだラグジュアリーな逸品。裏面のゴールドの星スタッズと2WAYで使えるのが嬉しい。 ¥9,000(エテ)

宇宙服の実用的デザインからインスピレーションを受けデザインした、リタ・オラとの新コラボレーション。売り切れ必至のアイテムを特別に♡ スウェット¥11,100※フリーサイズ、スニーカー¥14,200※24cm(共にアディダスグループお客様窓口)

スポーツユニフォームのデザインを取り入れた、ファッショナブルなウォッチがNEW IN。大ぶりなフェイスで存在感をアピールして! BGA-210-7B1JF¥17,000(カシオ計算機)

“記憶のコラージュ”が生み出す田名網敬一の世界 奇想天外なモチーフと極彩色の原点は幼少期の体験

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpg

現代美術家・田名網敬一の作品に触れて驚かない人はいないだろう。極彩色と奇想天外なモチーフがいくつも登場する世界は、どのようにして生み出されるのか。これまで田名網が創作してきた作品は、ペインティングや立体作品の他にも、グラフィックやイラストレーション、実験映画、アニメーションと多岐にわたるジャンルを横断し、世界中のアーティストから絶大な支持を得ている。

そんな田名網の個展「Tanaami × adidas Originals」が渋谷のナンヅカ(NANZUKA)で開催されている。同展は「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」のアーティストコラボレーションプロジェクト「アディダス ギャラリー(adidas gallery)」の一環として企画された特別展だ。80歳を超えてもなお、驚異的なバイタリティーで活動を続ける田名網は、想像と創作の間から現れたような軽妙さとすごみのあるたたずまいで、ときに過去の感情や光景を交えながらも淡々と制作背景や創作の日々について語った。

「Tanaami x adidas Originals」の開催に至った経緯を教えてください。

田名網敬一(以下、田名網):「アディダス」の社内に加瀬さんという僕の熱烈なファンがいて、画集を出版する時に援助してもらった事があったんです。その方が2〜3年前に「アディダス」のドイツ本社に転勤されて、新たなプロジェクトとしてグローバル規模で協業したいという今回のオファーをいただいたのがきっかけです。

これまでいくつものファッションブランドと協業してきましたが、決め手は何ですか?

基本的にファッションブランドとの仕事は好きなんです。というのも僕の作品は静止画だからです。洋服にデザインをすると光の反射やよじれで絵が動いて、それが街中で見られる。1枚の静止画は飾られたまま動かないでしょう。だから動きが見えるという意味でファッションは、僕のアートワークとは別世界なので純粋に楽しいんです。

アニメーションとは違う動きですか?

アニメーションは映像なので動き方がまったく違います。ファッションには、人が着用することで日常の中で“生きて動く”という面白さがあるんです。

今回、極彩色の世界の中でアレンジされた「アディダス」のロゴが印象的です。

ブランドの仕事をする場合、たいていロゴをいじることは断られるんですよ。例えば、「コカ・コーラ(COCA-COLA)」のロゴは自由にデザインさせてくれないでしょう?ロゴは企業イメージにとって一番大切なものなので、ロゴを自由にデザインできたことがこの作品の最大のポイントと言えます。だって、僕の絵の中に手を加えない「アディダス」のロゴが、そのまま入っているとすればものすごい違和感じゃないですか。

極彩色のクモなどのモチーフも含めて、田名網さんの作品は“色”が重要な意味を持つと思います。“色”への意識は、アーティストとして活動を始めたときから今まで変化はありますか?

ないですね。突然、極彩色の色合わせがひらめいたのではなく、幼少期の経験が影響しているからですよ。幼少の頃、今の日本橋高島屋の裏側一帯は服地問屋街だったんですが、その中の1軒が祖父の経営している店で、僕も住んでいました。店はスーツの裏地のロゴやネームを刺しゅうする仕事を請け負っていました。当時のスーツの裏地にあるブランドロゴは今よりも格段に大きくて、名刺大サイズくらいあったんです。チラッと見える派手さが、上質なスーツのステータスだったのか、それくらいのボリュームが必要だったんでしょうね。刺しゅう用の金糸も、キッチュなデザインにものめり込んでいきました。

当時のブランドロゴのデザインに惹かれたんですね。

ブランドロゴは反物みたいに切って貼るから、長い紐のような束になってとじられているんです。店の棚の上には何百本というきれいな色の糸が詰まっている。その時の極彩色の刺しゅう絵の世界にのめり込んだわけ。金色のラクダが砂漠を歩いていて、空には円盤が浮かんでいるようなシュールな絵がいっぱいあったんですよ。絵本を見るよりも面白かったから、毎日3階の倉庫に行っては刺しゅう糸で遊んでいました。この刺しゅう糸による極彩色体験が今でも強烈に刷り込まれているんです。

色彩感覚はどのように培ったんでしょうか。

日本橋高島屋の裏に住んでいたので、遊び場は高島屋でした。当時、日本橋高島屋での買い物は最高のステータス。いろいろな人種がひしめいてる中でエレベーターに乗ったりして遊ぶわけです。そこで見た着物の景色も極彩色のイメージ。この体験こそが色彩感覚を培ったんだと思います。

戦争の原体験も作品に影響を与えていると聞きました。

戦争経験は“記憶のコラージュ”をするための引き出しにあるモチーフの一つに過ぎないです。むしろ極彩色の世界は、子供の頃に服地問屋街や日本橋高島屋の中で見た景色に影響されています。

“記憶のコラージュ”とは?

特に幼少期が強いのですが、僕の創作動機は記憶に基づいています。一概に記憶といっても食の記憶や戦争の記憶、遊びの記憶、母親と暮らした記憶など、ありとあらゆる記憶が存在する。僕の絵はそれらの記憶がコラージュされてできているんです。一つの作品が100とか200くらいの要素で構成されているのは、今までのあらゆる時代の記憶が凝縮されて張り合わされたもの。幼少期から、そして60年代のニューヨークでの経験から続く“身体性”に基づくものまで、喜怒哀楽の感情で考えても数えきれない記憶があって、それが1枚の絵の中に凝縮されている。あれもこれもやりたいという意欲でこういう絵ができあがるんです。

田名網さんの作品では「経験」と「記憶」の他に「夢」もキーワードですよね。

人間は一生の3分の1は寝ているわけですから、その3分の1を無駄にしたくない。40年以上前に夢を自分の世界に取り込もうと思ったんですよ。明恵(みょうえ)上人の「夢記」を読んだことも、夢にまつわる作品を手掛けたきっかけですね。

朝起きて夢を書きため続けたとか。

見た夢はすぐに忘れちゃうでしょう。だから、朝起きてその日見た夢の記録を日課にしていたんですけど、精神状態がおかしくなっちゃったんです。日毎にもっと面白くならないと意味がなくなってしまいそうで、奇形な描写の夢を期待してしまう。でも、夢は常に期待に答えてくれるものではないですから。

強迫観念のような感情に変化したと。

はい。その結果、眠れなくなって病院に行ったら夢の記録をすぐにやめるように言われて睡眠薬を飲んだらすぐに回復しました。それからしばらくは夢の記録をやめるようになりました。

最近は記憶にとどめておきたいような夢を見ますか?

意識的に見る夢よりもはるかにつまらないものばかりです。毎日連続で夢を見ているときは、“面白い夢を見ること”を自分に課すわけですから、想像を絶するモチーフが出てくる。次第に日常にも影響してきて、作品に掛ける気持ちが湧き、面白い夢を見ようという心構えと現実がシンクロするわけです。創作においては有意義な作業のサイクルが生まれるんですが、その結果、具合が悪くなってしまったんです。夢の記録をやめると、日常のワンシーンのような書きとどめる意味がないようなものばかり見るようになりました。

今後の構想は?

これまでの活動を続けていくということくらいでしょうか。未来に対してあまり良い展望がないんですよ。それよりも過去の記憶は無尽蔵で際限がないから楽しいですよね。たとえ10歳でも頭の中には膨大な記憶が刷り込まれているでしょう。その後、記憶は生きる年齢に比例して無限大に広がっていく。表現するための原石は、無尽蔵に記憶の中に隠されているから、制作の際に大量の記憶がよみがえる。今、未来を想像すると貧困なイメージになってしまうかもしれないですよね。現在を標的にしたらつまらないものになってしまう気がするんです。

今の世相をより強く反映しそうだからなのでしょうか。

そうですね。僕の作品は要素の一つ一つが時代に関係なく記憶の引き出しに収納されていて、そこから選び取ってコラージュする。子どもの頃の記憶も最近の記憶も、それぞれカットアップして組み合わせるから自分らしい世界になるんですよ。

■Tanaami x adidas Originals
時間:11:00〜19:00
定休日:日・月曜・祝日
場所 : NANZUKA
住所 : 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル地下2階
入場料:無料

gumitの誕生石バングルでbe happy

ファイル 7-1.jpg

幸運をもたらす誕生石をおしゃれに身につけられる!と、 ファッショニスタの間でもフツフツとその人気を高めているアクセサリーブランド、gumit(グミ)。カラフルでスタイリッシュな誕生石バングル、“Kale(カレ)”が4月11日発売!

gumitの魅力はなんといってもアクセサリーへの愛情。マテリアルにこだわりを持つデザイナーが、アメリカやヨーロッパから集めたヴィンテージ素材を使用し、1点1点をハンドメイドで仕上げる。カラフルな生地を編み込んだバングルは世界にひとつだけのアイテム。自分の誕生月で選ぶのはもちろん、「愛」や「美」など各々の石が持つエレメントで選ぶのも◎。バングルには、それぞれの月のナンバリング&誕生石のエレメントが入ったパッケージもセットでついてくるのでギフトにもぴったり♪

想いがぎゅっと詰まったgumitの誕生石バングルと一緒に、あなたの気持ちを大切な人へ届けてみてはいかが?

ガーネットピアス

ファイル 6-1.jpg

皆さん こんにちは
今日ご紹介するのは、大粒のガーネットピアスです!

夏だからこそ 存在感あるピアスが大活躍ですよね!

ガーネットの色が太陽の日差しに反射してより透明感を

感じてもらえそう✨

色違いも 好評で 何色もまとめ買いされる方も!

是非店頭でチェックしてみて!

マルタン・マルジェラが2019年度「ANDAM」審査員に 遠隔で審査

ファイル 5-1.jpg

30周年を迎える2019年度の「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award以下、ANDAM)」の審査員に、初代グランプリ受賞者であるマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)が選ばれた。マルジェラは遠隔で審査に参加する。

 「ANDAM」はナタリー・デュフール(Nathalie Dufour)創設者が、マルジェラが1989年3月に発表した2回目のコレクションを見たことがきっかけで誕生。第1回目となる1989年にグランプリを受賞したマルジェラは、その賞金をもとにリサイクルされた素材で作った“アーティザナル”コレクションを立ち上げた。

 マルジェラは「『ANDAM』がどれだけ僕のブランドの成長につながったか、忘れたことは一度もないし、本当に感謝している。『ANDAM』の成功をうれしく思う。30周年おめでとう」とコメントを寄せた。

 さらに、「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MERTIN MARGIELA)」(現「メゾン マルジェラ」)の過半数株式を02年に取得したOTBの会長、レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)「ディーゼル(DIESEL)」創始者が今年のメンターに選ばれた。

 フランス国立モード芸術開発協会が主催する「ANDAM」は、デュフール創設者と故ピエール・ベルジェ(Pierre Berger)前プレジデントのもと若手ファッションデザイナーの登竜門として、「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)」のヴィクター・ホスティン(Viktor Horsting)とロルフ・スノラン(Rolf Snoeren)や、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)、ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)らを世に送り出してきた。今年は4月15日まで応募を受け付けて5月にファイナリストを発表し、授賞式は6月27日に行われる。グランプリ受賞者には賞金25万ユーロ(約3000万円)が贈られる。

リモワ×オフ-ホワイト、ゴーシャとバーバリーのストリートのマストバイ

ファイル 4-1.webp
ファイル 4-2.webp
ファイル 4-3.webp
ファイル 4-4.webp

ストリートで注目を集める新着アイテムをFASHIONSNAPがセレクト。今週(7月2日〜7月8日)は、発表当初から話題のリモワ×オフ-ホワイトのスーツケースや、バーバリーとゴーシャ・ラブチンスキーのコラボ第2弾など、ラグジュアリーブランドの新作が充実。抽選申し込みやドレスコード制度ありのアイテムもあるので、購入希望者は要チェックです。
発表当初から話題を集めている「リモワ(RIMOWA)」と「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」が初めてコラボレーションしたモデルが発売されます。リモワの「エッセンシャル モデル(Essential Model)」をベースにした透明ポリカーボネイト製のスーツケースで、オフ-ホワイトを象徴するオレンジカラーを採用した付け替え可能なホイール入りのアメニティキットが付属。価格は13万円(予価)で、リモワストア表参道店限定で取り扱います。販売には事前抽選で当選した人のみが購入できるPassMarketを導入。7月5日から第1弾、7月6日から第2弾の抽選申し込みがスタートします。
「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」の最上級ライン「コンソーシアム(CONSORTIUM)」と「ミタスニーカーズ(mita sneakers)」のコラボレーションモデルが登場。「スタンスミス(STAN SMITH)」をベースに製作した「STAN SMITH MITA "mita sneakers" "CONSORTIUM"」(1万8,000円)と「ノマド(NMD)」のニューモデル「ノマド TS1 プライムニット」をベースに採用した「NMD TS1 PK MITA "mita sneakers" "CONSORTIUM"」(2万4,000円/いずれも税別)の2型が発売されます。東京・上野にある「mita sneakers SWITCH STANCE」で10時からドレスコード制度ありの先着順で販売。ミタスニーカーズのディレクションモデルかブランドとのコラボレーションモデル着用者のみが参加できます。
先週に引き続き「アディダス(adidas)」とカニエ・ウエスト(Kanye West)のコラボレーションコレクション「adidas+KANYE WEST」から「YEEZY BOOST」の新作が発売されます。今週リリースされるのは「YEEZY 500」の新色「YEEZY 500 UTILITY BLACK」。アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウをはじめ、「アトモス ブルー 表参道(atmos BLUE Omotesando)」や「アンディフィーテッド ハラジュク(UNDEFEATED Harajuku)」などのスニーカーショップと「グレイト(GR8)」やビームス(BEAMS)原宿といったセレクトショップなどで販売されます。価格は税別2万5,000円。
「ゴーシャ・ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」の2018年秋冬コレクションで発表された「バーバリー(Burberry)」とのコラボアイテム第2弾が発売。バーバリーのアイコニックなハウスチェックをあしらったデザインで、スカーフやシューズが新たに加わり計13型を展開します。バーバリー公式サイトおよびバーバリー新宿、バーバリー⼼斎橋、⼤阪阪急バーバリー メンズで取り扱います。
「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が2018年秋冬メンズコレクションのポップアップイベントを伊勢丹新宿本店本館で開催します。キーカラーのネオンカラーで彩られるポップアップストアでは、2018年秋冬コレクションを国内先行販売するほか、「ジップドトート」(35万7,000円)、「キーポル・バンドリエール 50」(35万7,000円)、「メッセンジャー PM」(24万5,000円/すべて税別・予価)の限定アイテムを展開。昨年大きな話題を呼んだ 「シュプリーム(Supreme)」コラボの仕掛け人キム・ジョーンズ(Kim Jones)が手掛けたラストコレクションということで、ストリートでも注目を集めています。
「ワコマリア(WACKO MARIA)」とロサンゼルス発のマリファナカルチャー雑誌「HIGH TIMES」がコラボレーションしたカプセルコレクションが発売されます。「HIGH TIMES」の文字やマリファナをイメージしたグラフィックなどをデザインに落とし込んだTシャツ(9,500円)やハワイアンシャツ(2万6,000円〜3万円/全て税別)などを展開。ワコマリアの正規取扱店で販売されます。
「カラー(kolor)」と「Gショック(G-SHOCK)」のコラボレーションモデルが一般発売に先駆けてカラー南青山店で先行販売されます。Gショックを象徴するスクエア型のシリーズ最新作「GMW-B5000」をベースに製作。時計全体をゴールドとブラックの2色で仕上げ、遊環にカラーのロゴ、裏蓋にはGショックの35周年ロゴが刻印されています。価格は税別7万円。

2019秋冬【ダウンジャケット】注目ブランドは?予算も込みで早めにチェックするべし

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.jpgファイル 3-3.jpgファイル 3-4.jpgファイル 3-5.jpg

いよいよ今年も残すところ3ヶ月足らず。。気がつけばもう冬が!なんてことになりかねないので、今回は冬の必需品”ダウンジャケット”をご紹介します。格安のダウンジャケットなんてのも発売されていますが、やはり高級品は温かさ、質の違いは格別。一度着てみるとその保温性と機能性に感動を覚えるはずです。ただ気になるのは、ブランドの製品の違い!ダウンジャケットを代表するおすすめのブランドの比較、特徴をまとめました♪
今年も残すところ後3ヶ月あまり、、気がつけばもう冬なんて事態になりそうですよね。せっかくダウンを着るなら少々値が張ってもお高い気のせい抜群なハイスペックを持っておきたいもの!ファッション、季節のアイテムは全て先取り=事前リサーチが必須!これから迎える冬をなんとなく楽しみにさせてくれるような、決め手のアイテムを今からチェックしておきましょう♪
毎年ダウンジャケットの発売で注目される主要ブランドを見ていきましょう!
ダウンジャケットの最高峰ブランドとの呼び声高いブランドといえばモンクレールではないでしょうか?おそらく左腕上部にある”モンクレマーク”にステータスを感じている方が多いはず。モンクレールといえば、その効果なお値段!型によりますが安くても11万以上、高いものでは20万はくだらない高級品です。それでは、モンクレールの一体何がそこまでの価値を生み出しているのでしょう?
通常ダウンジャケットはグース(ガチョウ)かダック(あひる)の2種類の水鳥の毛が使用されています。モンクレールのダウンにはこの内、より保温性があるとされるホワイトグース(白いガチョウ)の産毛のみが使われており、ダウンの空気の包含力の値を示すフィルパワーがダックダウンよりも高いのです。フィルパワーが高ければ少量のダウンで絶対的な保温性や防寒性を保てるので、すっきりしたシルエットを求めつつ、暖かさも確保したいと言った場合にはグースダウンを用いたダウンジャケットを選択しましょう。さらにすごいのが、品質の証であるキャトルフロコン(4Flocons)マークを取得しているということ。これは、フランスの企画協会が最高品質のダウンであることを認めている証。このキャトルフロコンを得るには、フィルパワーや断熱力がもっとも高い、一羽からたった30gしかとることのできないニューダウンでなければいけません。そのためキャトルフロコンのダウンしか使用しないモンクレールのダウンジャケットは希少価値があり、毎シーズン品切れの状態となってしまうのです。
冬でも抜け目なくお洒落なダウンを楽しむなら、デュベティカはおすすめのブランド!イタリア初のデュベティカは2002年に創立。創立者はモンクレールの元社長でジャンピエロ・バリアーノ(Giampiero Vagliano)。ダウンの量が少なめな分、タイトなシルエットが他のダウンにはないスタイリッシュさを演出してくれる。ファッショニスタは必ずと言っていいほど持っているのではないでしょうか?
デュベティカのダウンジャケットは100%フランス産。ダウンとして使用されているグレーグースは、フォアグラ用に飼育された高級なダウンでもちろん保温性に優れ、ファブリックにも最先端のものを用いるなど、こだわりのつまったアイテムです。このテュベティカのSABIK(サビック)、実は家政婦のミタで松嶋菜々子さん演じるミタさんが来ていたことでも話題になったデザイン。店頭ではファー付きと無しの2パターンで展開されている。値段もサビックの型だと6万〜8万の価格でまだ手が届きそうな範囲ですね。日本では、ジュンワタナベやビームス、ユナイテッドアローズなどのブランドとコラボレーションアイテムを展開しています。
ダウンジャケットのカジュアル感にアウター着用を敬遠している方も多いはず。タトラスはそんなダウンジャケットが苦手な方におすすめしたいブランド!究極の軽さを求めるタトラスのコンセプトは”機能的で上質なアウターブランド”。なんといってもこのフォルムは今までのダウンにはなかったモード感。。日本人のサイズ感に絶妙にマッチするダウンは、コスパも高くダウンブランドの中でも、ハイクオリティながらタウンユースを謳う注目のブランドです。キルティングのデザインもさることながら、スッキリタイトなシルエットはとてもアーバンでオフィス使いにも最適な仕様です。例えスーツを着用していても着膨れの心配はありませんよ♪
タトラスのモード感は、これまでアウトドアやストリートファッションでの防寒着としてのイメージを刷新するデザインを展開しました。ダウンジャケットのエキスパートを思わせるブランド感ながら、実はブランド発進からまだ10年ほどしか立っていないんです!生地の柔らかさ、お求め安さ、軽さはタトラスがピカイチといったイメージですね♪ダウンジャケットを敬遠しがちであったおしゃれさんにぜひおすすめしたいブランドです。
モンクレールの次に思い浮かぶのはカナダグース、という方も多いのではないでしょうか?ブランドネームが知れ渡っている分、もちろん機能性、デザイン性とも人優れており、左腕のワッペンに胸躍ることでしょう。カナダグースの創立は50年以上も前のこと。元々、カナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や、南極探検隊、エヴェレスト登山隊などのプロフェッショナル達に製品を作り続け、いかなる極寒の地であってもその保温性は保たれる。それでいて、アクティブなシーンで用いられるだけの動きやすさにも提唱があります。生産地はカナダのみ。他ブランドがアジア諸国に生産地を移動する中、カナダグースはその高貴なブランドを守り続けるためメイドインカナダにこだわっています。羽毛にはグース=(ダチョウ)が使用され、フィルパワーは600中盤から800もの高い数値になります。
ジャケットのタイプは豊富で、一番人気はやはりジャスパー。モンクレールと違い、ドレスアップの際にはカナダグースは少し合わせづらいデザインかなと思います。カジュアルな装いでのマッチ感は他ブランドよりも勝ってはいますね!ニットのスェットパンツや帽子、スニーカーなどとの相性は抜群で、生地もしっかりと丈夫なので、レジャーに出かける際にも汚れや傷つき具合を気にしないで思う存分楽しめそうです。他にも、日本国内向けに作られたシタデルやブルックフィールドなどのタイプも人気ですね!日本でマイナス30度などの極寒地に出向くことはまずないので、すっきりタイトなサイズ感で選んで着こなすのがオシャレです♪もちろんインナーは薄手でも心配は入りません。
いかがでしたでしょうか?冬のアウターを迷われている方も、「一枚あれば安心」のダウンジャケットで贅沢を。

ビジネスの場に出席して正装表がありませんか?3万6万元以内の正装表をお勧めします

正装表は一般的に重要なイベントや特定 場合に着用する腕時計である。ビジネス 場に出席するには、適切なパッケージを選択することで、活動に対する重視 程度だけでなく、一人 センスを体現することができる。今日は、男性に対して、男性に適したビジネスシーン 正装表をお勧めします。
IWC万国表ポルトガルシリーズIW 31602
製品 モデル:IW 31602
腕時計 直径:41ミリ
表殻厚さ:13.1ミリ
ベルト素材:ワニ 皮
防水 深さ:30メートル
メカニズム:自動機械
動力備蓄:46時間
こ 腕時計はポルノ計「150周年」 特別版で、白塗り 表盤には一定 光沢感があり、純白な面ではクラシック 針が簡潔でよい。腕時計は直径41ミリ、厚さは13.1ミリで、自産69355機軸を搭載したため、生地 厚さと高さが以前より小さく変化しています。バックライトデザインを採用し、ジュネーヴ 波紋や魚鱗紋を磨き、46時間 動力備蓄を提供する。1枚 カウントダウンだが、優雅さと大気を兼ね備えていて、正装スタイルがそんなに厳しくなってしまうことがある。

真力時ELTSシリーズ03.214 0.696 / 02.C 498
製品 モデル:03.214 0.696 / 02.C 498
腕時計 直径:40ミリ
表殻厚さ:1035ミリ
ベルト素材:ワニ 皮
防水 深さ:50メートル
メカニズム:自動機械
動力備蓄:50時間
こ 腕時計は簡潔で上品で、美しいロマンチックな雰囲気があり、表盤 内輪には麦穂 紋様が描かれていて、6時方向 月相 表示盤は腕時計に芸術 息吹を添えていますが、全体 銀グレー 表盤が濃い茶色 ワニ 皮 バンドを組み合わせて、優美な感じを与えます。腕時計は、真力時に自産していたElits 696 自動チェーンコアを採用し、動力備蓄は50時間に達する。

ゲーラソディオリジナル議員シリーズ1 - 3 - 5 - 05 - 02 - 04
製品 モデル:1 - 3 - 5 - 5 - 02 - 04 - 04
腕時計 直径:40ミリ
生地 厚さ:9.9ミリ
ベルト素材:ワニ 皮
防水 深さ:50メートル
メカニズム:自動機械
動力備蓄:40時間
ゲーラソディオリジナル議員シリーズ 入門式腕時計 青い鋼 針はとても目を奪われていて、白色 表盤が経典 大きい3針 青鋼 針を組み合わせて、腕時計をよりきれいにしています。繊細な長い黒いローマ 数字は、ゲーラ ロディマーク的な軌道式分刻みに合わせ、優雅ではない。暗格紋黒ワニ 皮 表帯皮質 繊細さと腕時計と 組み合わせが優れている。

2019年秋冬、大人女子はGUCCIのベルトバッグのとりこに

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

2019年秋冬コレクションに登場したことで世界中のファッショニスタが注目しているGUCCIのベルトバッグ。2019年のリゾートコレクションでも取り入れられており、ベルトバッグのトレンド性の高さを感じられます。そんなGUCCIのベルトバッグのコーデとバリエーションをチェックしていきましょう。
この春夏からじわじわとおしゃれ女子の間でも人気を集めていたウエストバッグ。
GUCCIからはベルトバッグとして発売され、その名で世界中から注目されています。

どこか90’sテイストを感じる懐かしさと、それを今のスタイルに合わせるギークさはまさに最近のGUCCIを象徴するかのようなスピリット。

2019年秋冬、そして来年も続くベルトバッグブームは今から取り入れてより長く楽しんでみては?
そう安くないGUCCIのベルトバッグも、今購入すればお値段以上の活躍を感じていただけます。
GUCCIのベルトバッグコーデ&バリエーション
GUCCIのベルトバッグが人気を集めているのはバリエーションの多さにも秘密がアリ。
ベーシックでどんなスタイリングにも合わせられるブラックのベルトバッグは、どの時代も廃れない。
2019年秋冬はコートの上からウエストマークのような感覚で楽しんで。
存在感あるクラシカルなワンピースに合わせるスタイリングも最高に可愛い。
ヴィンテージライクなテイストが増して、より秋冬の空気にハマること間違いなし。
柄デザインが多いクラシカルワンピースも、ブラックのベルトバッグがしっかりと引き締めてメリハリを与えてくれます。
大人女子に人気なベージュは、ほんのりピンクかかった色味がレディライク。
ブラウンやベージュのアイテムに合わせて、ワントーンな仕上がりが大人女子の気分。
世界のファッショニスタの間では、ワンピースとベルトバッグを合わせるスタイルがトレンドのよう。
パッと目を惹くレッドは、コーディネートの差し色に。
どんなにシンプルなコーディネートもベルトバッグを取り入れるだけで今年っぽく、最先端な仕上がりに変身させてくれる、まるで魔法のようなアイテム。
ウエストにつけるスタイルはもちろん、ちょっぴりストリートっぽいショルダーがけもイマドキでGOOD。
GUCCIだからどこまでも品だけは忘れない。
ベルベットも今年っぽくて可愛い♡
レザーが定番だけど、よりトレンドを狙うならベルベットがオススメ◎
ベルベットのカラーバリエーションも最高に今年っぽくて可愛い。
ベルベットのシックさを引き立てるかのようなコバルトブルーは、モードなスタイルにもカジュアルスタイルにもハマる優秀アイテム。
ベルベットでもあまり見かけることのないブルーは、周りと差がつくこと間違いなし。
クラシカルなテイスト漂うフューシャピンクは、トレンドのバーガンディリップと合わせたい気分。
コーディネートのランクアップ◎
どんなにシンプルなコーディネートも、GUCCIのベルトバッグをプラスするだけで一気に高級感漂う上質なコーディネートにランクアップ。
ちょっとそこまでなサイズ感も使いやすくてオススメ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ